気遣いと気違い

気遣いと気違いって似てるよね。まぁ、似てるからってどうもないんですけどね。

  気遣いと気違いのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 小説 > 小説 気遣いと気違い  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説 気遣いと気違い

2007 - 04/20 [Fri] - 21:53

パンダ社長が夜志本興業に脅されていた!パンダランダを売らなかったら本物のパンダにされてしまうという。そして、そのパンダ社長を救うべくパンダランダを救え!の会が発足された。


パンダランダを救え!の会が始まって2分後のことだった。パンダランダの事務所に夜志本興業の社長ライオンが来た。

来たのを見計らって、ダイナマが会議を始めた。

ダイナマ「いいところにライオンがきた。みんな、俺の言うとおりにしてくれ。これがああなってそうしたらこれだ。」

一同「おぉ~~」

へんてこ「それで行こう!1千万円は、山分けだな。」

ダイナマ「じゃあ行くぞ!」

ライオン「いや~パンダさん。もう決心のほうはついたかな?」

パンダ「いや、まだ・・・・」

ライオン「と、言うのなら本物のパンダにしてやろう・・・・・」

ダイナマ「いまだ!かかれ!!」

一同「いえっさー。くらえー」

パンダランダを救え!(略してPS)の会のメンバー全員が、ライオン社長に攻撃を仕掛けた。

ライオン「何をする!やめろ!!!」

ダイナマ「これだけの大人数あなたはどうする?速やかに帰ってもらおうか?」

ライオン「そんなことをしたら、パンダ社長を本物のパンダにするぞ。それでもいいか?」

ダイナマ「うっ・・・・」

ライオン「じゃあ離してもらおうか」

ダイナマ「わかった・・・」

ライオン「それでいい。」

ここであることに気づいたマルがしゃべった。

マル「今気づいたんですけど、どうややって、本物のパンダにするんでしょうか?もしかしてできないんじゃ・・・・・」

ライオン「そんなことはない。」

ダイナマ「そうか、パンダ社長に土地を売ってほしいから、脅迫したな?」

古田「じゃあほっといてもよくないか?」

ダイナマ「じゃあほっとこうか」

パンダ「うそじゃ~仕方ないな。パンダランダも売れん。帰ってもらおう。」

へんてこ「じゃあお疲れ様でした~」


みんなは部屋を出ようとしたそのとき


ライオン「そんなところに気づかれたか。でも、もし魔法を使って本物のパンダにしたら?どうだ。」

パンダ「できるわけ・・うわ~~~~~~~~~。」


パンダは本物のパンダになってしまいましたとさ。







パンダ「そんなわけないだろ~。」



ライオン「そんな魔法なんてできません。すいませんでした。私が悪かったです。許してください。もううそなんてつきませんしあなたたちの前に出ません。だから、お願いします。」

パンダ「しかたないな。お詫びに俺と漫才しないか?」

ライオン「許してくれるんですか?」


ここにまたひとつ友情が芽生えた・・・・・?


つづく・・・・・


ヤクルト勝敗  6勝9敗 順位 5位をクリック


前回より29ランクDOWNの現在149位



闘争中は日曜日に決行されます。私は副幹事兼ハンターです。をクリック

スポンサーサイト

がんばれ、パンダとライオン

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://daiohdho.blog62.fc2.com/tb.php/284-e5bec051

 | HOME | 

おもんないプロフィール

発光ダイオード

Author:発光ダイオード
「気遣いと気違い」なんかにてるっしょ?


趣味
「お笑いライブ行く」

余談
「バイキングは思っている以上に食えない!」

中身の薄い記事

最近のコメーント

月別の猛者(記事)たち

リンク

FC2カウンター

プロ野球速報

コナン&金田一「犯行予告ジェネレーター」

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カテゴリ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。