気遣いと気違い

気遣いと気違いって似てるよね。まぁ、似てるからってどうもないんですけどね。

  気遣いと気違いのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > ローズ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローズ

2007 - 10/14 [Sun] - 16:11

踊る大捜査線について軽く語らせてもらいましょう。


テストが終わった日、部活をして帰り、風呂に入りあがってきて、新聞のテレビ欄を見ると、踊る大捜査戦の最終回だったので見ました。その前の日に診たんですけどね。10か11話の。見だしたらはまちゃってね。はまる要素は


青島刑事(織田裕次)の人情味あふれる行動。


室井カンリ官(柳葉敏郎)の最終的に青島刑事を信じる心。


和久さん(いかりや長介)の古風な刑事っぷり。


現場の刑事(湾岸署刑事の方々)の情熱。




軽い要素ですね。映画版の「事件は会議室で起きているんじゃない!!現場で起きているんだ!!」


という青島刑事の言葉ですね。誰でも知っているであろうフレーズ。
ここのときはしびれましたね。おぉ~とうとう言ったかという。



昨日はムービー2でしたね。レインボーブリッジを封鎖せよ。というサブタイトルは、正直意味ないですね。内容があんまりわかんないもん。
来週は真下さんと、室井さんのスピンオフがありますから。絶対見ますね。前に一回容疑者室井慎次を見たんですが、踊るのことわかっていない時に見ても何も面白く無かったですね、今度見て理解します。




規則は破るためにあるんだよ。

スポンサーサイト

真下さんのはおもしろかった

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://daiohdho.blog62.fc2.com/tb.php/369-b0c50118

 | HOME | 

おもんないプロフィール

発光ダイオード

Author:発光ダイオード
「気遣いと気違い」なんかにてるっしょ?


趣味
「お笑いライブ行く」

余談
「バイキングは思っている以上に食えない!」

中身の薄い記事

最近のコメーント

月別の猛者(記事)たち

リンク

FC2カウンター

プロ野球速報

コナン&金田一「犯行予告ジェネレーター」

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カテゴリ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。