気遣いと気違い

気遣いと気違いって似てるよね。まぁ、似てるからってどうもないんですけどね。

  気遣いと気違いのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 小説 > 続きじゃないです。一応、新シリーズ突入ということで  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きじゃないです。一応、新シリーズ突入ということで

2008 - 03/08 [Sat] - 14:17

月日は流れ「パンダランダ次期社長は、だ~れだ大会」はパンダ社長の独走優勝に終わった。




パンダ「いや~優勝しちまったよ。」

へんてこ「自分で言っといて自分で優勝しちゃうなんてね。バカみたい。」

発酵ダイオード「本当バカみたい。必死でやってたおれたちの身にもなってみろってんだよ。」

パンダ「それはすまんかった。本当に自分が優勝するなんて思ってもいなかったから。じゃあ、祝賀会としてあそこにいくか。」

ダイアマ「どこなんですか?」




今はもう使われていない
暗闇へと続く線路
長い長いその線路の先・・・
パンダランダのビルの前の地底深くには

忘れられ   封じられた世界がある

太陽の無いその世界の名は・・・・・・


パンダアンダーグラウンド



へんてこ「これって思いっきり東京アンダーグラウンドパクってないですか?」

パンダ「いや、そんなことはない。現にビルの前に線路があるんじゃから。」

ダイナマ「でも、いってみてもいいんじゃねぇ?最近作者もネタが無いから、新しいスパイスがほしいと思うから。」

マル「そうそう。行ったほうがいいって。」

へんてこ「てか、何でマルがついてきてんだよ。」

マル「お姫様を救うのに、へんてことダイナマだけには任せてられないからだよ。そう思うだろねずみさん。」

ねずみ「おぅ。任せてられねえよ。」

へんてこ「何でねずみさんもいるんですか?」

ねずみ「何でってただついてきたいと思ったからだよ。」

ダイナマ「いいんじゃね?そのほうがおもしろそうだし。」

へんてこ「そうだけど。お姫様まで出しちゃ完全にパクっていることがばれちゃうじゃないか。」

ダイナマ「別にいいじゃねえか。だれもこのブログ見てねえんだし。話題を集めるにはもってこいだろうが。」

パンダ「おぅついたぞここじゃ・・・・・・・」




ここで気遣いと気違いと本家東京アンダーグラウンドとのキャラクターを照合させてみたいと思います。


主人公 浅葱留美奈          へんてこ

友達                   ダイナマ

五十鈴銀之助         マル

チェルシーローレック          まぁ次回ラ変出てくると思うよ。

ルリサラサ              まぁ次回ラ変出てくると思うよ。

翠                    ねずみ

じじい                 パンダ



こんな感じのキャラクター分けです。




へんてこ「本当にこんな線路の先に地下の世界なんてあるのかよ。」

パンダ「わしも一度入ったことがあるから、あるはずじゃが。しかし、50年も前のことだからの。」

へんてこ「50年?結構昔からあるんだ。」

パンダ「話せば長くなるんじゃが、このパンダアンダーグラウンドは地上の世界に復讐を・・・・・・・」



この後パンダはアンダーグラウンドについてたくさん話した。




へんてこ「へぇ~、結構おもしろそうじゃねぇか。入ってみるか。」



ダイナマ「突入!!!!」



































ダイナマ「しっかし、この扉どうやってあけんだろうか?」

パンダ「師匠直伝カンフーナックルパンチ!!」



ガシコーン


一同「すげぇ~、破壊したよ。」



ピーコンピーコンピーコン。ウォウォーーーー
フホウシンニュウシャハッケン   フホウシンニュウシャハッケン




へんてこ「おいマジかよ。社長のおかげで、なんかサイレン鳴っちまったぞ。」

パンダ「ここはひとまず逃げるのじゃ。」












赤「お前達は何をしにきた。」

パンダ「いや、そのぉ~。」

赤「はっきり言え!!何をしにきた?」

へんてこ「そのぉ~あれです、迷っ」

パンダ「漫才しに来ました。」

赤「漫才・・・・・・いいだろう見せてもらおう。」

ダイナマ「なにいってんの?この親父・・・・・・。」








つづく………



結構、原作知らないと面白くないみたいになってるよ。知りたい人はすぐお近くの書店へ。



パンダ<ぷろってたもんね。下ネタも入っていましたが。


アルフォンス<おぉ任し時名ハレ。でも、体力に自信ないんだけど。


トンカツ<つかみとか完璧でしたね。昨日の深夜ジャルジャルTVで見たww


さいころ<小学校のときは堂でも良かったね。でも、今は大分名残惜しい。
スポンサーサイト

小説にTRYしていることに尊敬と言うかスッゲーって思います。

がんば^れ!

なんか前より本格的になりそうだなぁ。
トンカツが次回ラ変登場と予想。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://daiohdho.blog62.fc2.com/tb.php/404-2be98bf8

 | HOME | 

おもんないプロフィール

発光ダイオード

Author:発光ダイオード
「気遣いと気違い」なんかにてるっしょ?


趣味
「お笑いライブ行く」

余談
「バイキングは思っている以上に食えない!」

中身の薄い記事

最近のコメーント

月別の猛者(記事)たち

リンク

FC2カウンター

プロ野球速報

コナン&金田一「犯行予告ジェネレーター」

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

カテゴリ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。